Classic  rakugo

​古典落語

古典落語は江戸時代以降、主として江戸上方都市に住む庶民に親しまれてきた笑いの伝統芸能であり、笑いのなかで独自の世界を作り上げる話芸には高度の芸術的表現力が必要である

images.jpg

​古典落語の歴史

落語は、江戸時代、軽めの講談、辻咄(辻芸)として京都の露の五郎兵衛らによってはじめられたといわれる。当初は短い小話中心であったが、寄席芸能として三都に定着するにつれ次第に長くなり、幕末から明治にかけてほぼ今のようなスタイルになったといわれている。土地柄を反映して、あっさりとした味わいの江戸落語、派手で賑やかな上方落語とそれぞれに際だった特徴を有する。このような古典落語は、明治になって三遊亭圓朝によって大成され、都市化、筆記化とともに大衆文化として花開いた。この時代の頃までに骨格の出来上がった演目が、通常は古典落語と呼ばれている。

                  Wikipediaより

​落語鑑賞会

古典落語は昔の人の生活を知ったり、人情に触れたり、小道具は扇子と手拭いのみで表現します。そして様々な人を演じ分ける。見えていないのに情景が広がってくる面白さ。噺家の話芸で想像力がかき立てられて​物語の中についつい引き込まれていき、笑い驚きそしてオチに持っていくのが落語の魅力と言えるでしょう。

 

上演時間  

上演料

​会場の規模などはご相談ください。

download-2.jpg